良い病院や医師とは、考えること 人それぞれ

よい病院や医師とは、考えること Hospital Doctor

個人的にたくさんの医師の方と接したと思っています。

自分自身の身体で接した医師と
仕事上で接した医師など、かなり多くの医師と接してきました。
また、レセプト設定や電子カルテ・電子機器など、多くの医療関連の仕事をさせてもらいました。

医師の方は、転職をすることはほとんどなく、職業的なしがらみの相談はあまり期待できません。

評判の良い医師でも相性が合わなければ軽くあしらわれることもあります。
人間的に、相性が合わない人もいます。
 

基本的に、患者は医師を選ぶことはできません。
病院を選ぶことは出来ますが、運まかせといったところです。

病院はある程度選んで行くと思います。
評判の悪い病院にはあまり行かないでしょう。
評判の良い病院または、近くの病院に行くと思います。

大きい病院は設備が整っているので何かと便利ですが、
ちょっと診察するにはハードルが高くなっています。

医師を判断するとすれば、
一般的に、出身大学や勤務病院、経歴などで判断することが多いと思います。
これは、人を判断するので情報を得るために仕方のない部分があります。

今でも、出身大学や経歴はある程度重要だと思っています。

しかし、今まで多くの医師と接して来たことから考慮し、言えることは、
親身になって対応してくれる医師がよい医師だと思います。

当たり前のことですが、最近は機械的に処理をする医師が多いように思えます。
患者が多いなど仕方ない部分もあります。
 

私が今まであまり良くないと思った医師は、

身体の相談をするとそれは専門ではないので分かりませんで終わる医師、連携しようとしません。
また、ほとんど相談や要望を聞くことなく高い薬や新薬に変更する医師。

自然と排除したくなるのですが、簡単ではありません。

良い医師だと感じたこと、

専門以外の病気など、自分一人では解決できないことが多いので、
他の医師や病院と連携をしてくれる医師が良い医師だと思います。

また、相性のよい医師であることも重要です。

病院や医師は、奉仕活動ではないので、現在のように少子高齢化が進むと、
さらに効率の良い運営をすることになるでしょう。

人それぞれマッチする病院や医師は変わってくるのかもしれません。
 

--

手術には、名医と言われる医師がいます。
しかし、かかりつけ医にすることは難しいと思います。
 

私のかかりつけ医は、総合病院に入院した際に気にかけわざわざお見舞いに来てくれました。
パフォーマンスではなくお互いの信頼感があったからでしょう。
だから、良いわけではなく医師と患者との信頼感はとても重要だと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました